鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島 ○(2:2PK3:4)2008/03/09 18:13

ゼロックス・スーパーカップ(優勝杯)を掲げる佐藤寿人とストヤノフ

 昨年も国立で試合観戦をすることが出来たが、今年も運良く観戦することができた。スーパーカップは、J1リーグのチャンピオンと天皇杯のチャンピオンとの対戦なので、サンフレッチェとは無縁の世界と思っていたが、鹿島アントラーズがリーグと天皇杯との2冠を獲ったので、天皇杯準優勝のサンフレッチェが出場することになった。ある意味ラッキーである。

 バックスタンド・アウェー(サンフレッチェ)側の中央寄り、最前列から9列目なので、結構ピッチは近い。試合前のアップでは、サンフレッチェの選手も近くに見えた。新戦力の久保とユキッチはベンチスタート。キックオフ頃には、自分の周りもたくさんの観客で埋まっていた。東京だというのに、広島ビッグアーチにいる雰囲気である。

前半キックオフ。予想通り、鹿島が主導権を握り、サンフレッチェ陣内に圧力をかけてくる。鹿島の小笠原、本山、野沢の中盤トリオはうまい。右サイドの内田、左サイドの新井場もしばしば上がってくる。早い時間帯に失点すると難しいなと思っていたら、鹿島DF岩政がイエローカード2枚で退場。

 やや一息ついたものの、それでも鹿島はマイボールになった時にサンフレッチェゴールを脅かしてきた。さすがはJリーグチャンピオン、やはり鹿島は強い。数的優位のサンフレッチェはボールをつなぐだけで、ほとんど得点の匂いを感じることはできなかった。そして、前半終盤、李漢宰が2枚目のイエローカードをもらい退場。10人対10人の対戦に戻るが、そのままのスコアで前半終了。

 後半開始直後、サンフレッチェのシステム変更がフィットせず、もたついている間に、鹿島がまた圧力をかけてきた。自陣に押し込まれて、なかなか押し返せなくなった。簡単にシュートも打たれていると思ったら、本山が先制ゴール。あー。。その後もサンフレッチェ守備陣のもたつきが続き、野沢の2点目が決まった。あー。。。大量失点も覚悟した。

 しかし、そんな嫌な流れも久保・ユキッチの登場で断ち切ることができた。特に、久保の存在感は抜群で、前線で動き回る際には独特のオーラが漂っていた。そして、後半35分には疑惑のPKをゲット。落ち着いて決めて2-1に。さらに、後半40分には佐藤寿人が同点ゴール。2-2になった。そのままタイムアップしてPK戦に突入。

 タイトルがかかっているとは言っても、さすがに入れ替え戦のような殺気だった雰囲気はない。PK戦で負けても失う物はないので、応援している方も少し気が楽だ。しかし、サンフレッチェに勝ってほしいのは言うまでもない。鹿島GKの曽ヶ端がPK蹴り直しを取られるなどしてリズムが狂ったのか、5人目までに鹿島は2人が外した。対するサンフレッチェは1人。最後の佐藤寿人が決めてサンフレッチェの優勝。当然初優勝である。

 試合後の表彰式から場内半周まで、選手達がグランドから退場するまでじっくり見ることができた。貴賓席上で選手達が優勝カップを掲げた瞬間は感動した。やはりいいものである。重要度の低い大会とは言え、結果が全て。きれいなサッカーはできなくても、Jリーグチャンピオンの鹿島を相手に終盤2点差を追いついたことが良かった。J2のリーグ戦も、今日のように粘り強く戦えば、きっと1年でJ1復帰を成し遂げられるはずだ。

J2第2節・サンフレッチェ広島vs愛媛FC ○(3:0)2008/03/16 18:01

今日2ゴールの高萩。久しぶりのホームのリーグ戦勝利だ!

 サンフレッチェのJ2ホーム開幕戦。数日来、春の陽気が続いており、今日も朝から春らんまんの天気である。山奥にあるビッグアーチでも気温は16℃以上あって、寒さは感じられない。観戦日和だ。

 キックオフ30分前にスタジアムに到着。スタンドもホームのゴール裏、バックスタンドから結構埋まってきており、サンフレッチェへの期待が感じられる。やはり、ゼロックス・スーパーカップの優勝と、J2開幕戦に勝利したことが効いているのだろう。ハーフタイム後の入場者数発表では17,250人と、J2なのにスタンドはかなりの観客で埋まった。

 前半キックオフ、愛媛はコンパクトなサッカーを展開して、サンフレッチェにプレッシャーをかけてくる。対するサンフレッチェは、ホーム開幕戦のためか動きがやや堅い。いまいちリズムはよろしくない。相手を圧倒するような力強く美しいサッカーを期待したいところだが、J2のリーグ戦ではこういうサッカーを我慢して続けていくことが大事なのだろうか。

 前半23分、それまでいまいちぱっとしなかった高萩が、中盤にこぼれてきたボールをミドルシュート。これが見事に決まってサンフレッチェが先制。1-0に。良かった。重苦しい緊張感が、ぱーっと解きほぐされた感じだ。その後は1-0のまま前半が終了。

 後半が始まって、点を取らないといけない愛媛も前に出てくる。サンフレッチェも圧力を受けて、自陣で守る時間も増えてきた。そして、後半17分、平繁に代えて久保の投入。ピッチに入るだけでスタンドからすごい歓声が聞こえる。さすがは久保だ。

 後半29分、ゴール前に攻め込んだところでこぼれ球を再び高萩が蹴り込みゴール。2-0に。さすがに愛媛も疲れてきてチャンスも増えてきた。お約束のユキッチも投入され、試合も終盤に入った。ユキッチのCKから、最後は寿人が決めて3-0に。これで大丈夫だろう。そのまま試合終了。良かった。

 これでJ2開幕からサンフレッチェは2連勝。2試合とも無失点で抑えて結果も出した。J2なので、抑えなくてどうするんだとも言えるが、ともかく今シーズンは我慢して勝ち点を積み重ねていくしかないだろう。見ている方はストレスがたまるが、J2仕様のサッカーで頑張ってほしい。

J2第4節・サンフレッチェ広島vs水戸ホーリーホック △(2:2)2008/03/23 23:52

最後まで、よくあきらめずに戦った!

 前(第3)節、アウェーの湘南戦で勝利を収め、唯一の開幕3連勝となったサンフレッチェがJ2の首位となった。風雨の環境をよく考えてのゲーム運びもさえ、盤石の勝利ではなかったかと思う。そして迎えたホームの水戸戦。試合前にペトロビッチ監督が言っていた「これまでで一番厳しい試合」になった。

 強い雨が降っていたのはしょうがないとして、審判の判定がいつもの基準から少し違っていたように見えた。これもしょうがないとして、1枚イエローカードを受けていた高萩が、2枚目のイエローカードをもらって退場。前半で数的不利になってしまった。いつもと審判の様子が違うことは分かっていたはずなのに、不用意にファールをしたことは軽率だった。

 これで当初のゲームプランは崩れた。残り50分を数的不利で戦わなければならないのは苦しい。そして、メンバーチェンジをして迎えた後半、水戸に押し込まれてシュートブロックしたストヤノフがハンドで退場。PKをとられた。そのまま決められて0-1に。9人対11人の数的不利だ。やばい状況になった。

 しかし、サンフレッチェの選手達はあきらめることなく、カウンターから最後は久保が同点ゴールをたたき込んだ。この時のスタジアムの盛り上がりはすごかった。ホーム開幕戦の3つのどのゴールよりもすごかったと思う。しかし、歓喜はずっと続くことなく、その後も水戸に押し込まれる展開。苦しい。

 そして後半30分、水戸の攻撃を何とかしのいでいたが失点。1-2に。残り時間も少ないし、ますます苦しくなった。それでも選手達はあきらめることなくよく戦った。相手よりも2人少ないのによく走った。ロスタイムは4分。3分も過ぎて「もうだめか」と思ったCKから、森脇が同点ゴーーール!2-2に追いついた。すぐに試合終了。

 震えた。しばらく震えが止まらなかったが、苦しい状況でも選手達は最後まであきらめずに、よく戦った。試合終了後の選手達への声援は、すごかった。確かに、ここで一緒に応援していると、そういう気持ちになった。ゲーム運びに反省点はあるが、この気持ちを持ち続けていれば、きっとJ1に復帰できると思う。