サンフレッチェ広島vs鹿島アントラーズ ○(1:0)2007/07/08 22:00

右サイド李漢宰→左サイド服部→ゴール!

 サンフレッチェの攻撃の核となる佐藤寿人、柏木、駒野が代表へ。また、最近はイージーな失点から勝ち切れない試合が続いていた。試合前はあまりポジティブな雰囲気は持ちづらかったのだが、試合になるとみんなよく戦って決勝トーナメント第1戦を1-0で勝利することができた。まだトーナメントを勝ち抜いたわけではないが、ひとまず良かった。

 前半開始直後から鹿島が強烈なプレスを仕掛けてくる。しばらくかなり押し込まれたが、サンフレッチェはこれを凌ぐことができた。そのうちサンフレッチェも押し返し、行ったり来たりの展開に。しかし、チャンスはサンフレッチェの方が多かったように思う。右サイドに入った李漢宰からいいクロスが入っていた。

 そして前半23分、李漢宰からのクロスを左サイドの服部がボレーシュート。これが見事に決まってサンフレッチェが先制。1-0に。どんぴしゃりのクロスだった。ゴール前にも人数をかけられていた。狙い通りの攻撃。ナイスゴールだ。その後は、やや引き気味のサンフレッチェがうまく守備を続けて鹿島に決定機を作らせない。

 サンフレッチェは後半も同じような戦い方をしていた。鹿島にボールを持たせてしっかり守る。時折カウンターを仕掛けてスタンドを沸かせていた。セットプレーの時も人をよく捕まえていたし、極端に引き過ぎることもなかった。鹿島の攻撃をフリーにさせることは少なかったと思う。後半30分以降はパワープレーも織り交ぜた鹿島の攻撃の時間が長かったが、サンフレッチェ守備陣は集中して守りきった。

 結局、1-0のまま試合終了。いつ以来か、久しぶりの無失点試合。そして勝利だ。これは大きい。今日のような試合ができれば、そうそう負けることはないだろう。次はアウェー鹿島での第2戦。先制できればアウェーゴールからかなり有利に試合を運べるはずだ。期待したい。

久しぶりに走る2007/07/28 13:18

 コースは、自宅→広島IC→山陽自動車道→広島自動車道→中国自動車道→戸河内IC(1050円)→R191松原→R191戸河内町小坂→ 大朝鹿野大規模林道→R186芸北町荒神原→芸北町細見→県道40号→R433豊平東小前→豊平役場前→豊平・戸谷→県道301号→ R191加計・安野→R191→飯室→県道268号線・安佐動物公園前→県道38号線→R54→自宅。(旧町名)

 2ヶ月ぶりにSVを走らせた。本当に久しぶりである。梅雨も明けて、朝から夏の日差しが照りつけている。9時半頃自宅を出発したのだが、既に市街地は十分暑い。ジャケットは夏用メッシュ、新調したグローブはメッシュ、ヘルメットはベンチレーションを全開にして、せめてもの抵抗をする。

 いつもの県北ルートを走ろうかと思っていたが、市街地を抜けるまでが暑いので、すぐに高速道路に入った。風を切って走るので、さすがに涼しい。中国自動車道に入ると山間部の走行となり、一段と涼しくなった。トンネル内はさらに涼しい。戸河内ICからR191を走る。暑いが広島市内のようなことはない。

 標高が上がるにつれて涼しくなる。道端の温度表示が30℃を下回ると快適だ。松原から先は交通量も激減して、爽やかな高原路走行となる。路側に植えられたアジサイの花が満開状態できれいだった。夏の青空の下、26℃あたりで走っていると本当に爽やかである。いつもの大規模林道から先は交通量は皆無となる。いつもよりややゆっくり目で走った。

 標高600mの椎矢峠までは快適だったが、峠を下ると徐々に暑くなってくる。R191に合流したあたりからは本当に暑い。気温も暑いが、日射も暑い。おまけにエンジンからも熱気が伝わってくる。自宅まで我慢の走行となった。

 給油:159.0km;6.65L;23.91km/L、走行距離:159.2km、オドメーター:15088km