J2第7節・サンフレッチェ広島vsセレッソ大阪 ○(4:1)2008/04/13 22:04

やはりこの男!今日2ゴールの寿人

前(第6)節、アウェーの岐阜戦では、命からがらドローに持ち込んだ感のあるサンフレッチェであったが、一応J2の順位表では首位をキープ。内容はとことん悪く(特に後半)、こんなんでJ1昇格ができるのかと心配になった。

そして今日は、昇格争いのライバルになるであろうセレッソ大阪をホームに迎える第7節。絶対に勝たなくてはならないゲームだ。サンフレッチェは徐々にけが人も復帰し、当初思い描いていた陣容が整いつつある。対するセレッソは、相次いで主力選手がけがに見舞われ、チーム力が落ちている状態。是が非でも勝利を収めねばならない。

試合開始前は小雨が降っていたが、前半がキックオフされた頃にはさらに小降りになっていた。雨の日曜日だというのに、ビッグアーチには結構たくさんの観客が駆けつけて応援していた。前半はセレッソがボールを支配しながら進んでいった。サンフレッチェはリズムが悪い。

しかし前半22分、勢いよくセレッソ陣内に攻め込んだ高萩がゴール!1-0とリードする。その後も、なかなかサンフレッチェがペースをつかめなかったが、自陣のクリアミスでオウンゴールを献上。まいった。前半は1-1で終了。フラストレーションのたまる試合内容だった。

後半は修正されたのか、開始早々、寿人がどんぴしゃのヘッドでゴール。2-1とリードを奪う。サンフレッチェは人もボールもよく動くようになった。続いて、後半14分には森脇が追加点を奪って3-1に。さらに、後半30分には、再び寿人がゴールを決めて4-1とリードを広げた。試合はそのまま終了。終わってみれば4-1と大量点を奪っての快勝だった。

何はともあれ、勝ち点3が取れてよかった。これで6試合戦って4勝2分の勝ち点14。2位に勝ち点2差をつけて首位をキープした。セレッソは、主力のけがの影響が大きいようだ。ボールはよくキープして攻めてくるのだが、前線に迫力や決定力がない。しかし、リーグ戦はまだまだ36試合残っている。42試合終わって笑顔でいたい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://notch.asablo.jp/blog/2008/04/13/3090222/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。